挑Idom

GLOBAL CHALLENGE PROGRAM

「挑む。」 社会の課題に、 まだ知らない世界に、 私自身に。

世の中にはどんな課題があるのだろうか。まだ行ったことすらない地域では、今何が起きているのか。そんな世界に触れた私たちには、何ができるのだろうか。日々学んでいる英語や国際教養は、どこで誰のために活かせるのか。

「自分には何ができるのだろうか」という不安も、
「何かを成し遂げてみたい」という希望も。
漠然としているのなら、それは
“これから何でもなれる” 証です。

まだ何者でもない今だからこそ、
変えられる未来があるはず。
そんな一人ひとりの熱意や、変化、
挑戦が生まれる場として、
GCP特別挑戦企画「挑 Idom」は
発足しました。

REPORT活動報告

  1. 世の中にはどんな課題が
    あるのだろうか。

    SDGsを学ぶ

    国連が定めている持続可能な開発目標「SDGs」のワークショップを行いました。
    チームに分かれ、経済・環境・社会をバランスよく発展させるカードゲームを行い、最後は、現実世界の経済・環境・社会はどうなっているか実態をお聞きしました。「世界のために自分は何ができるのか」を考えさせられる、とても有意義な体験となりました。

    SDGsについて

  2. まだ行ったことすらない地域では、
    今何が起きているのか。

    海外短期留学

    Challenge1で学んだSDGsの17の目標からひとつ選び、今まで培った英語でのコミュニケーションを用いて、留学先で自ら取材してきました。

    REPORTページへ

  3. そんな世界に触れた私たちには、
    何ができるのだろうか。

    英語弁論大会

    留学での体験を踏まえ「何を感じたか」、「これから挑みたいこと」などを大学長をはじめとした全学の聴衆に向けてスピーチを行いました。

    REPORTページへ

日々学んでいる英語や国際教養は、
どこで誰のために活かせるのか。

REPORTページへ

Member

GCP1期生メンバー

「挑」への意気込み、今の心境

3週間もの長い期間英語を話し続けるのは初めての経験なので、3週間でどこまで自分の英語能力が伸ばせるのかわくわくしています。海外経験はこれで3回目なのでだいぶ慣れてきました。初めて海外にいく友達も一緒なのでサポートできる部分があるのではないかと思っています。自分がみんなを引っ張る行動をするよう心がけていきたいです。

「挑」への意気込み、今の心境

初めての留学なので、わくわくする気持ち反面緊張しています。留学先では、体調管理を気をつけたいです。また、勉強面では、英語で意見を言えるようになりたいです。

「挑」への意気込み、今の心境

今はまだSDGsについて浅い知識しか持っていませんが、他国の取り組みを知り、また自分の口で自分の取り組みを説明できるようになりたいです。英語は喋れるか不安ですが、人生初の海外思いっ切り楽しんでたくさん吸収していきます。

「挑」への意気込み、今の心境

まずは英語を話すことに慣れたいと思っているので、間違いを恐れずどんどん話すことを目標にします。自分から積極的に行動して経験できることの全てを経験してきます。自分が本当に英語や海外に関心を持てているのかも実感出来ると思うので自分と向き合って考えていきます。SDGsについても勉強しているのでフィリピンの現状を理解できるだけ理解してきます。日本との違いにも目をつけて、日本の現状にも関心を持てるようにします。この経験を次に繋げれるように毎日努力して充実した日を送ります!

「挑」への意気込み、今の心境

英語をマンツーマンで6時間も話せるのはとても自分にとって有益な事だと思います。自分は英語を話すことが好きで話す機会があればすごく挑戦したいと前から思っていましたが、なかなか出来ずにいままでいました。今回フィリピンに行くにあたり話すことを恐れずになりたいと思います。そして日本にいても英語を伸ばせるような勉強法を身につけることができれば良いと思います。

「挑」への意気込み、今の心境

私は本当に興奮していて、この美しい国で新しいことを体験するためにフィリピンにすぐに来たいです。 何も心配していません。 フィリピンで勉強する時間を計画したり、インターネットで彼らの文化や生活について学ぶなど、たくさんのことを準備したいので、面白いことを見逃すことなく、無駄なく3週間の勉強を楽しみたいです。

「挑」への意気込み、今の心境

初めての海外なので、日本とフィリピンの文化の違いをしっかり学ぼうと思います。 英語の能力を高めようと思います。

「挑」への意気込み、今の心境

今回のシンポジウムに参加できること本当に嬉しいです。さらに、羽衣国際大学を代表できるので誇りに思います。マレーシアの様々なスケジュールから、楽しみにしているものがあります。
それらの1つは、クリステンプルという名前のスピーカーです。 彼は国の貧しいコミュニティの生活についてのドキュメンタリーを作りました。また、ドキュメント作成中に毎日1ドルで生活することを学びました。私は本当に彼がそこにあった制限で映画を作った方法を知りたいです。 私が楽しみにしているもう一つのことは、難民の子どもたちと遊んで、時間を過ごすことで奉仕するサービスラーニングデイのプログラムです。この日に彼らと遊ぶことができることに加えて、私も挑戦したいことを行うことができます。私は自分の快適なゾーンから抜け出し、彼らにベストを尽くすようにします。

「挑」への意気込み、今の心境

私は、今回留学するにあたり、成し遂げたいことが大きく分けて二つあります。一つ目は英語を話せることです。二つ目は英語を学ぶだけではなく、「英語を使って」知識を得られることです。 今回留学と言うビックチャンスを活かして、自分の成長へと繋げ、先生や家族、周りの人をわっと驚かせることができるような私になれるよう頑張りたいです。実際に行ってみないとわからなく、不安の方が大きいですが私にできる限りのことをして帰ってきたいです。

「挑」への意気込み、今の心境

初めて英語をうまく使う国への留学なので、ちょっと緊張しています。しかし今回の留学は英語の勉強もちろんSDGsの課題も挑戦するのでワクワクして自分のやれることはどこまでできるか頑張りたいと思います。

「挑」への意気込み、今の心境

もともと自分は知らない人と会う時に、恥ずかしくコミュニケーションがとれなくなります。たくさんの人の前に自信がなくなるのは、社会人として弱点だと思います。GCPのメンバー達とも4ヶ月間一緒に英語を勉強してきましたが、お互いのことをあまり知らないので、今回の海外短期留学で皆と仲良くなり、これから4年後また社会に出る時、助け合える存在になれればと思います。

「挑」への意気込み、今の心境

私はベトナムの貧しい地域から来ましたが、幸運にも日本に来て先進国での生活を体験することができました。新しい文化を体験し、新しい人と出会うことは非常に挑戦的でエキサイティングだと思います。一つの場所に長く滞在し続けると、そのことの価値を忘れてしまい、世界が狭くなります。新しい国を知り、世界中の素晴らしい人々と話す機会を得られるよう期待しています。

GLOBAL CHALLENGE PROGRAM

GCP トップページ

It’s your turn!